狂い咲のむくげの花も、気候の変化の影響か

毎年、夏しか咲いたことがないむくげの花が、突然一輪咲いた。どうしたものか。気候の温暖化の影響なのか。実は、これまでも、庭に咲くバラの2度咲は、何回も目にしてきたので、今回のむくげの季節外れの咲き方は、自然に何等かのリズムがあるとすれば、そのリズムが、微妙にずれ始め、気温の上下が、常識では考えられない乱高下をしている証なのか、それが、花でしたら温度を感知するセンサーが、正直戸惑っているに違いない。そういえば、我が家のかりんという樹木が、玄関先に、毎年、春先には、淡いピンクの花を咲かせ、秋には、黄色い実が数々生り、その香りがすごくよく、10個とか15個とか取っては、玄関先の皿に暫く置き、その香りを楽しんできたのだが、どういう訳か今年は、春先に、花は、きれいに咲いたのに、その後、実を結ぶのを当然楽しみにしていたのに、今年は、一っこも生らずじまいで、大変残念でなりません。 やはり自然を相手にした植物は、年々その変化を人間も感じている以上に、直に植物は感じているに違いないと思った。生酵素 薬局

お週末クッキングには小物会得、涼しくて良い時期

クールと飯の用意をするのも良い時機、パスタの1袋が消化するというおのこりが最初回分、一概に消化できるのは良いことですね。
使用しているのは標準ものですが、それも残るというのが充分最初回分とは周到な空気、少し多いという容積でしたが。

夏季の料理はキッチンの温度がアップするので必要ならば扇風機や空調も、本来ばふ〜とか汗しながらですが週末の低温で暑いとは感じませんでした。
真昼用としてはパスタ最初回分に茹でて冷凍保存したほうれん草の工具、それに玉ねぎなど、クール毎日ですがパスタの気温くらいが丁度よかったです。
スープなどをプログラムにすれば21〜24℃という温度でも、ひとまずの夏季状況というもので結構は体温がアップする、味覚も薄味覚で小量の副菜として真昼には最高峰。

週末やお休日にはこうして料理でもしながら一品など咀嚼、毎日が涼しくても翌日の土曜日は蘇生すれば少しは暑さもありますので、鮮度も考えて。即日 融資 銀行 カード ローン